残土ふるい機を用いた残土再活用物語~リサイクルする土~

作業員

分別を効率化

作業員

残土ふるい機を用いると残土の分別を効率的に行なうことができます。ふるい機の構造はシンプルで、回転するバレルによって土が分別されていきます分別された土はそのまま排出され、1時間辺り数トンの分別が可能なモデルも有ります。

詳しくはコチラ >>

トルンメル回転式

作業員

バレル型のトルンメル回転式残土ふるい機は人気があります。トルンメル回転式の中でも複数型の場合は一度に様々な大きさの残土を分別することが出来るため、作業の効率化をすることが出来るでしょう。

詳しくはコチラ >>

レンタル出来る

女性

残土ふるい機は高価な機械ですが、レンタルすることで安く利用することができます。レンタルできる残土ふるい機には据置型と自走式と牽引式があります。据置型は大くの分別が可能ですが、設置工事が必要になります。

詳しくはコチラ >>

家庭用と業務用

品質の高い土に改良できる残土ふるいは、建設業にとって欠かせません。こちらではレンタルすることができます。

作業員

残土ふるい機には家庭用と業務用があります。残土ふるい機を使用することで効率的な残土の分別を行うことができ、利用用途に合った土を用意することが出来ます。例えば細かな土を選別し、固化材を混ぜることでセメントに合う土を作ることも出来ますし、また建築現場の地質改良用土壌としても利用することができます。家庭用の残土ふるい機は主に園芸用として用いられます。園芸用なのでそれほど規模も大きくなく、また手軽に購入することができます。相場として数万円から数十万円の価格帯で販売されていて、通販サイトで購入することが出来る場合もあります。家庭用はほぼ手動式が主流で、ハンドルを回し中に入れた土を撹拌させることで細かな土を網目から出していきます。大きな土や石等は網目を通ることが出来ないため残り、分別することが出来ます。家庭用の種類でも農業で使用できる程の中規模サイズもあります。中規模になると業務用で主流のトルンメル回転式が用いられます。手動から自動に変わり、ボタン1つで分別作業が完了します。
業務用になると大規模の種類になり、中規模では出来ないような大量の土を分別することが出来ます。主に建設現場などで用いられる事が多く、また小規模プラントなどでも設置されています。産業用の残土ふるい機は持ち運びが可能なタイプがあり、簡易な操作ハンドルがあり運転することが出来るタイプもあります。それほど細かな運転能力はありませんが、作業現場で向きを変えたり、また移動したりするときには役に立ちます。産業用よりも更に多くの分別が出来るタイプとして大規模プラントの残土分別システムがあります。ホッパーと呼ばれる残土を入れる箇所が非常に大きく、数十トンもの残土を一度に処理することが出来ます。専用システムなので残土をプラントまで運びこむ必要があり、企業間で契約などをして利用がされます。プラントで処理される残土は一日あたり数十トンから数百トンになり、これら処理された土は再生土と呼ばれ新たな活用先に販売されます。埋立地の土壌として使用されることもあれば、固化材を使用して土質を改良したりすることもあります。

Copyright © 2015 残土ふるい機を用いた残土再活用物語~リサイクルする土~ All rights reserved.